WhyQuit's small linking banner. Please share this article!
WhyQuit.com   Joel's Library   Freedom   Turkeyville   トピック一覧   次条

Joel's Stop Smoking Library

決してその一服を吸わないで - Never Take Another Puff




あなたはニコ中だからタバコを吸う!





ある喫煙者は、ナーバスだから煙草を吸うと言います。他の人は、お祝いするために煙草を吸うと言います。またある人はエネルギー補給のために煙草を吸うと思っています。多くの人が、セクシーに見えるように煙草を吸います。しかし、他の人は、目を覚ましているため、または眠るために煙草を吸います。ある人は考えるために煙草を吸うと思っています。1人の本当にユニークな喫煙者が、かつて私に呼吸を楽にするために煙草を吸うと言いました。別の人は、かつて胸の痛みを経験したとき喫煙を再開したと言いました。彼女は、心臓発作への恐怖があれば、だれでも煙草を吸うだろうと考えました。これらの理由のどれも、人々が、なぜ煙草を吸い続けるかを充分に説明していません。しかしながら、答えは実際かなり単純なのです。彼らは喫煙者であるので、煙草を吸います。より正確には、彼らはタバコ中毒だからタバコを吸います。

タバコ中毒者は他のもろもろの薬物常用者と同じように、化学物質に中毒になっているのです。タバコ喫煙者の場合は、ニコチンが犯人です。彼の血流中の最低水準のニコチンを維持できないと、ニコチン禁断症状につながります、これは薬物の禁断症状として知られています。ニコチンを失わせるものは何であれ彼を煙草へと駆りたてます。

このことは、なぜ多くの喫煙者がストレスでタバコを吸いたくなると感じているかを物語っています。ストレスは尿を酸性にする生理作用があります。尿が酸性になると体がニコチンの排泄率を高めます。このようにして喫煙者がストレス状況にあうと、ニコチンを失い離脱症状へ突入します。ほとんどの喫煙者は緊張したり動転している時にタバコは落ち着きを取り戻す助けになると感じています。落ち着きを取り戻す効果は緊張感からの解放ではなく、実際はニコチンを補給して離脱症状を終わらせる効果なのです。ストレスとニコチンの効果についての基本的な知識を持たない喫煙者が禁煙することを恐れることは容易に理解できます。彼らはとても有効なストレスマネージメントの手段を失うと感じるのです。でも一度でも短期間禁煙すれば喫煙をしていたときに比べて、ストレスがある状況でもずっと冷静になるのです。

なぜ体内の生理的な変化が喫煙者にタバコを吸わせるかという説明は喫煙者にとって信じがたいようです。しかしほとんど全ての喫煙者がニコチンの排出率を変える状況を理解できます。喫煙者にアルコールを飲んだ後はタバコの量はどうなるか聞いてみて下さい、きっと量が増えるという答えが返ってきます。どのくらいの増え方ですかと聞けば、飲んでいる時には二倍か三倍にもなると答えることでしょう。彼らは普通周りの人がタバコを吸っているから、そういうことが起こると確信しています。でも彼が部屋の中で唯一の喫煙者だった場合を考えてください、それでも飲酒は喫煙量を増やしたことを理解するでしょう。アルコールを飲むことはストレス下にいるのと同じ効果になります…尿の酸性化です。体内のニコチンレベルが劇的に低下します、それで喫煙者は一本また一本とタバコに火をつけなくてはならないのです、そうしないと離脱症状に悩まされますから。

喫煙者がなぜ自分は喫煙をするかを本当に理解すれば、卒煙をした暁に人生がずっとシンプルになることを充分に味わうことができるのですから、禁煙を考えている喫煙者がこのメカニズムを理解することは大切です

一度喫煙者がタバコをやめればニコチンは体から排出され二週間で完全に無くなります。一度完全に体内のニコチンが無くなれば、全ての離脱症状は無くなります。彼らはストレスに遭遇したり、酒を飲んだり、または長い時間タバコを吸わなかったりしても、もはや離脱症状の状態にはなりません。要するに、彼らが喫煙のメリットだと思っていたことはすべて偽りの効果だったことを認識します。ストレスに対処したり、酒を飲んだり、人付き合いをしたり、働いたりするためにタバコを吸う必要は無いのです。喫煙者としてやっていたこと全ては、非喫煙者としてやることができるのです、そしてほとんどの場合これらの活動をより効率よく気分良く行うのです。

彼らはずっと自立した人になります。依存症から立ち直ることはとても気分が良く、大きな達成感があるのです。しかし、どんなに長くタバコから遠ざかっていて自信があっても元喫煙者はタバコ中毒だということを常に忘れてはいけません。 

タバコ中毒であるということは、タバコ、葉巻、パイプ、噛みタバコ、あるいは血流への注射など、たとえ少しでもやらない限り、二度とニコチン中毒になることはないということです。逆に、もし、どんなものでもニコチン製品を実験してみるという悲劇的な間違いをすれば依存症を強化してしまうのです。このことは喫煙者が元の喫煙量に戻ってしまうか、再度完全な離脱症状を潜り抜けなくてはいけないことを意味します。どちらの状態も愉快な経験ではありません。

ですから、一度喫煙から遠ざかったら、元喫煙者は自分が何者でどういう素性かを決して忘れないで下さい…生涯のタバコ中毒者なのです。これらを記憶にとどめていれば、単純なひとつの実践…決してその一服を吸わないで…を守ってニコチンからの自立を保つことができるのです。


翻訳:西田季彦

© Joel Spitzer 1983








WhyQuit's small banner


© Joel Spitzer 2003 - 2014
Page last updated by on March 14, 2014