WhyQuit's small linking banner. Please share this article!
WhyQuit.com   Joel's Library   Freedom   Turkeyville   次条

Joel's Stop Smoking Library

決してその一服を吸わないで - Never Take Another Puff




喫煙の社会的損失




喫煙は致死性です。タバコはガンや、心臓循環器病、肺気腫、火災その他沢山の原因で人を殺します。喫煙が喫煙者にもたらす肉体的な攻撃についてはほとんどの喫煙者が理解しています。しかし、多くの人がタバコにより起きている、心理的、感情的また社会的な損失に気づいていません。

アメリカの大多数の大人はタバコを吸いませんからいまだに喫煙をする人は以前に経験したことの無いほど深刻な嫌がらせにあいます。時を経て沢山の喫煙者が自分達は社会からの追放者の様に感じ始めたという理由で禁煙します。もはや喫煙者として居心地が良くないのです。現在状況はさらに悪くなっています。喫煙者はもはや喫煙は許されないと色々な状況で悟るのです。沢山の喫煙者が毎日8時間の最高レベルの離脱症状に耐えなければなりません、仕事場の構内では喫煙は許されないからです。彼らは社会的な集まりに出かけ部屋の中で彼が唯一の喫煙者であることを知ります。親しい友人や家族の家でもタバコを点ける限り歓迎されない存在だと感じています。こういう集まりの間じゅうタバコを吸って決まりの悪い思いをするかタバコを吸わないで離脱症状に悩まされるのです。

より多くの非喫煙者がいまやきれいな(煙が満ちていない)空気を吸う権利を主張しています、そのことは15年前には過激で良くない態度と思われていたのですが。このような全ての感情が喫煙者にとっては 「悪いニュース」 です。喫煙者がいま考えなくてはならないことは、現在の社会で喫煙者でいることは困難ですが、社会的に喫煙者を村八分にする傾向は加速的に強まるということです。

さあ、タバコを吸いたい欲求が起きたら、最初の一服を吸うことの成り行きを必ず考えるようにしてください。それは既に致死的である中毒を補強するだけでなく、社会的に受け入れられない薄汚い習慣に戻るということなのです。あなたは本当に喫煙者と目される人生を送りたいですか? もしそうでないなら、単純に覚えていてください…決してその一服を吸わないように。 

翻訳:西田季彦

(C) Joel Spitzer 1985, 2011






WhyQuit's small linking banner