WhyQuit's small linking banner. Please share this article!
WhyQuit.com   Joel's Library   Freedom   Turkeyville   次条

Joel's Stop Smoking Library

決してその一服を吸わないで - Never Take Another Puff




喫煙者は応募しないで下さい!




近年このメッセージが多くの分野の求人広告の最後に見られるようになった。この結びの文章を除いてこれらの仕事は現在喫煙をしている人に最適なように見える。喫煙者はこのような雇用慣行は差別的だと感じ、未来の雇用主に大いに怒りを感じるかもしれない。

実際一部の会社では現在いる社員に非喫煙の方針を課している。かつて、喫煙者は面倒なこと無しに彼または彼女の机でタバコを吸えたのに、現在彼らは決められた場所へ行かなくてはならない。そしてある場合には完全禁煙のために一日8時間タバコを吸うことができない。雇用主はそのような喫煙禁止方針について従業員や、求職者、また顧客からも敵意を受けるかもしれないが、この方針はビジネス界で好評を博している。

なぜマネージメントは喫煙者に対するそのような規制を支持すのだろう? なぜなら喫煙する従業員は財政的な負担だからです。喫煙する従業員一人当たりの余分な経費負担は年間数百ドルから数千ドルと巾があります。喫煙者には余分な医療費、高い保険料、生産性の低下、病気が多く事故を起こしやすいことなど より多くの費用がかかります。これらに加えて従業員の勤労意欲は受動喫煙の件が持ち上がると低下します。これら全てのことを勘案すると従業員が喫煙することによる経済的負担は大きなものがあります。

前には喫煙者は不具になることと命の心配だけをしていれば充分でした。そのうち社会的な汚名が主たる関心事項になってきました。しかしいまや彼は喫煙による職業上の報いまで考慮しなくてはいけないのです。とどのつまり、もし彼が仕事を見つけることができなければ、年間数百ドルかかるタバコ依存症を維持することもむ難しくなってくるのです。

喫煙者であるということはあなたの肉低的、精神的、社会的、職業上、また経済的な向上の可能性を制限することなのです。こんにち、私的にも、公的にも成功することは困難な事業になってきました。喫煙が私たちの人生にすることは、既に充分に込み入った状況をさらに複雑にすることなのです。それに加えて喫煙の肉体への攻撃はあなたの健康を害し最後には命を奪うかもしれません。喫煙はこれら全てのリスクに値するものですか? もしあなたがそうでないと考えるのでしたら…決してその一服を吸わないで!

翻訳:西田季彦

(C) Joel Spitzer 1986, 2011






WhyQuit's small linking banner